特定非営利活動法人 SEEDS Asia

SEEDS Asiaのミッション

SEEDS Asiaのミッションは・・・

アジア太平洋地域の人々やコミュニティが自然災害や環境問題からうけるネガティブな影響から自分たちを守り、安全で持続可能な暮らしができるようお手伝いすることです。

 

SEEDSは元々インドで生まれたNGOです。1994年、都市計画を学んだ若い学生2人がデリーを拠点に活動を始めたのがきっかけです。

これまで、2001年のインドのグジャラート地震や2004年のインド洋津波後のアンダマンニコバ諸島での緊急救援や復興支援活動、災害軽減のための啓蒙活動などインド国内の各地で様々なプロジェクトを実施してきました。

設立から15年たった今、SEEDS Indiaはインドのコミュニティ防災活動の中心的存在になっています。

 

SEEDS Asiaは、SEEDS Indiaのこれまでのインド国内での活動から得た経験をもとに、その活動範囲をアジア太平洋地域に広げるため、2006年、神戸に設立されました。

 

神戸は1995年の阪神・淡路大震災後、国内はもとより海外においても防災の拠点になっています。防災に関連する様々な国際機関や研究機関も神戸に集まっており、震災から生まれたNGOを含め市民の防災に対する意識も非常に高いところです。日本でSEEDSを立ち上げるにあたり、真っ先に候補地になったのが神戸でした。

 

SEEDS Asiaは、「人間の安全保障」「防災と開発」「環境管理」「コミュニティ防災」をキーワードに、アジア太平洋地域で活躍するNGOです。

Tags:
2018/05/22