特定非営利活動法人 SEEDS Asia

ミャンマー防災メールマガジン vol.2

ミャンマー防災メールマガジン Vol. 2 (2014年5月18日発行)

発行:特定非営利活動法人SEEDS Asia
ミャンマー事務所

http://www.seedsasia.org/

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<< 

いつも、「ミャンマー防災メルマガ」(無料)のご講読を有難うございます。

ミャンマーにおける、政府レベルから草の根レベルまでの防災事情をお伝えすることを目的として、月次に送信させて頂きます。

ご講読いただいている皆様にとって、できるだけ有益な情報をお伝えできればと思っておりますので、ご意見やリクエストなどございましたら、是非お願いいたします。

 

第 2号のトピックスは下記のとおりです。

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<< 

(1) 今年のモンスーンについて
(2) 国家防災中央委員会開催 副大統領、防災の重要性を呼び掛ける
(3) その他(防災ワーキンググループ関連)

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<< 

(1) 今年のモンスーンについて
5月10日、首都ネピドーにて、「第12回 モンスーンフォーラム」が開催された。同イベントは、ミャンマー気象水文局がモンスーンの到来を前に国内の気象予報を発表するもので、今年はRIMES(本部米国)が資金協力をおこなった。
農業国であるミャンマーにとって、降水量は経済を左右する重要な要素であり、気候変動の他、今年は、エルニーニョ現象の可能性に対する懸念が共有された。
当局からの発表によると、昨年の11月~今年2月までの国内降水量は、例年を下回っており、国内の多くの河川で過去最低の水位を記録している。
今年のプレ・モンスーン(6月末まで)の降水量に関する予測は、例年を上回る地域として、タニンターリー地域が挙げられた。一方、ヤンゴン、バゴー、エヤワディ地域、カチン州、シャン州、ラカイン州、カレン州、モン州では例年並みとされ、チン州、マグウェイ、その他の地域では引き続き降雨が少なく、例年を下回る模様。
サイクロンの発生については、プレ・モンスーン期に、ベンガル湾2箇所にて低気圧の発生が予測されており、内、1箇所は、非常に強い低気圧が発生する可能性があると予測。
7月~8月の本格的なモンスーン期間には、多くの地域で例年に増して雨が集中することが予測されており、バゴー地域、ヤンゴン地域、エヤワディ地域、タニンターリー地域、ラカイン州、カレン州、モン州は例年を超える降雨量となる見込み。ザガイン地域の南部、マンダレー地域、マグウェイ地域、チン州に於いては例年並み。
ベンガル湾では引き続き2箇所での低気圧が発生する見込みで、特に北部での低気圧は、かなり強く、激しい雨風が予測される。
9月から、モンスーン明けの11月上旬頃までの、ポスト・モンスーン期には、ザガイン地域北部、カチン州では例年を下回る降水量となるが、他の地域では例年並みとなる予測。ベンガル湾での低気圧は3箇所にて主に発生すると予測され、内、サイクロンになり得る強い低気圧は1箇所となる見込み。
(同イベントで共有された資料を要する方は、下記のリンクをご参照。)
https://onedrive.live.com/redir?resid=55D8A7D7126E2290%21480
(2) 国家中央防災委員会開催 副大統領、防災の重要性を呼び掛ける
2014年4月30日、首都ネピドーにて、国家中央防災委員会(NDPCC: National Disaster Preparedness Central Committee) が社会福祉救済復興省 (於:ネピドー) にて開催された。
同会は、委員長として就任している、ウーニャントゥン副大統領の呼びかけによるもので、モンスーンの到来に伴うサイクロン、高潮、洪水への防災対策を強化するために実施された。
モンスーンを控えた時期の同会の開催は、今年が初の試みで、副大統領は、今後防災の啓蒙、情報伝達システムの向上、防災に関わるメディアの活用、様々な訓練や緊急時の備蓄を、各地域・省庁と共にさらに強化していく姿勢を示した。

 

(3) その他(防災ワーキンググループ関連)
創刊号で紹介した、4月10日ネピドーにて開催された「ポスト兵庫行動枠組みに関する国内準備会合(National Consultation on Hyogo Framework for Action 2)」の成果レポート「Myanmar Government and Stakeholders Contributions to Post-2015 Framework for Disaster Risk Reduction (HFA2)」が、担当省庁及び防災ワーキンググループで纏められ、5月中旬に公開、国連防災戦略(ISDR)に提出された。
同レポートの送信をご希望される方は当メールに返信の形でご連絡ください)
5月16日、独系国際NGO Malteaser Internationalによる、「障害者を配慮した防災ガイドライン ワークショップ」が、ヤンゴン養護学校(社会福祉救済復興省・社会福祉局 管轄)で開催された。

 

ご参考①ミャンマー防災ワーキンググループについて
ナルギスの緊急支援・復興支援を契機として組成された防災支援団体の集合体。2014年4月現在の登録メンバー団体は57団体で、国連、SEEDS Asiaを含む国際NGO 、ミャンマーNGO団体で構成されており、社会福祉救済復興省への技術支援を継続的に行っている。
ご参考②行政区に関する訳について
本メルマガでは、Region:地域、State:州、Township:区と訳しています。
☆バックナンバーはこちらからどうぞ

創刊号:http://www.seedsasia.org/myanmer/myanmar-03-blog/2449

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

 

2014/05/19