特定非営利活動法人 SEEDS Asia

研究論文掲載 Community Practices for Disaster Risk Reduction in Japan, Springer (2014)【気仙沼】

SEEDS Asiaは、活動の成果を研究論文や書籍・雑誌記事として発表することで、広く
知見を学術研究にも共有し、成果の普及・発展に努めています。
気仙沼の仮設住宅での活動について取りまとめた論文が、以下の研究書籍(英文)に
掲載されました。

 
Ueda, Y., & Shaw, R. (2014). Issues and Challenges in Temporary Housing in
Post-3.11 Kesennuma. In Community Practices for Disaster Risk Reduction in
Japan (pp. 209-226). Springer Japan.
http://link.springer.com/chapter/10.1007/978-4-431-54246-9_12

 

 

2014/06/02