特定非営利活動法人 SEEDS Asia

ダアンバンタヤン町、ラプラプ市地区でのMTG【フィリピン】

 11月23日と28日に、パイロット校のコミットメントと学校回復力調査結果発表の会議をセブ州地区、ラプラプ市地区で行いました。団体と事業の紹介、現在の学校防災管理事業の成功に必要な役割、コミットメントとサポート内容の紹介をしました。
 両会議とも、教育省各地区の主催で行い、セブ州設備コーディネーター ヘラルド マントス氏、ラプラプ市地区事務所長マリリン アンダレス氏の挨拶がありました。地方自治体からは、ダアンバンタヤン町ティラノ ドゥブリン氏、ラプラプ市のサンディ マルティン ベラーミ氏より、自治体の防災管理プログラムの発表があり、両自治体とも協力を約束いただきました。 ラプラプ市のパイロット校があるコミュニティからは、コミュニティ議のエメテリオ ボンハノイ氏も出席しプログラムの発表がありました。セブ州のパイロット校ダアンバンタヤン中央小学校長 ヘネロソ モンテルデ氏が、11人の教員とともに宣誓を行い、同様にラプラプ市マリゴンドン国立高校長 エルネスト ペテルナ氏も教員とともに宣誓いただきました。
 MTGには、学校回復力調査を行った、セブ州タピロン国立高校、ダアンバンタヤン国立高校、ラプラプ市ブアヤ小学校、プソック小学校の校長、学校防災管理コーディネーターも参加しました。

2017/11/29