特定非営利活動法人SEEDS Asia

第8回ワークショップ 図上防災訓練【ミャンマー】

10月20日並びに同月21日には、第8回目のトレーニングとして、ナベーゴン村の建設予定としている平面図を用いながら、全ての村民世帯のカードを作成してゲーム方式で図上防災訓練を行いました。中には早期警報が大雨で聞こえない、携帯電話が使えない、村長がヤンゴンから戻ってくることができない、防災倉庫のカギを持っている校長先生がカギを紛失した、、、など、避難所や避難時に発生し得る様々なハプニングが起きた想定で避難所運営の図上訓練を実施しました。翌日には社会福祉救済復興省・防災管理局のウータンソー氏が参加し、第6回防災ワークショップで策定した防災計画の暫定版に一体だれがいつどのように対応し、想定外に備えるか、より詳細な計画を策定しました。

Tags:
2018/12/13