【認定】特定非営利活動法人SEEDS Asia

アクサグループ会社従業員の方々向け研修への講師派遣

6月22日、生命保険や損害保険等、幅広い保険サービスを提供しているアクサグループ会社で実施されている従業員の方々向けの研修会「アクサ ウィーク フォー グッド:AXA WEEK FOR GOOD」にお招きいただき、理事の及川幸彦氏(奈良教育大学准教授)から「学校・地域社会・企業が共に歩む防災・防災教育」、と事務局長の大津山光子からは「令和元年東日本台風から見えること」として講演の機会を頂きました。

発表の後のパネルディスカッションでは、「全国に約8,800人の従業員が地域市民の一員として減災の輪を広げていくにはどういったマインドセットが大切か」、そして「リスク低減という観点で保険会社に期待されることは他にあるか」などをテーマに話し合いました。後で頂いた参加者からのコメントには、「防災・減災対策は必要とはわかっていても、なかなか自分事としてとらえきれずにアクションに結び付けられないので、このような機会を得ることで小さなことでも行動することにつなげられるのではないかと感じた」、そして「個人だけではなく組織としてどのように防災に貢献できるかが具体的にディスカッションされたこと(がよかった)。損害保険の分野においても、備えをしている地域や個人に対し保険料が減額されるというアイディアはとても良いと思う。」といった感想をいただきました。

東日本大震災、令和元年東日本台風共に、現場の声に耳を傾けてくださったアクサグループの皆様に、この場をお借りして改めて感謝申し上げます。

Tags:
2022/07/01