【認定】特定非営利活動法人SEEDS Asia

第3回 My Hometownアジア子ども会合の実施報告

1. My Hometownアジア子ども会合の実施

阪神・淡路大震災から29年を迎えた2024年1月17日、SEEDS Asiaは第3回My Hometownアジア子ども会合を開催しました。

5か国8校の参加者の集合写真    ※ミャンマーの児童は、国の状況に鑑み、☺スタンプにて保護しています。

 

2. My Hometownアジア子ども会合って?

このイベントは、SEEDS Asiaが15周年を機に開始した、アジアの子ども同士で防災とまちについて語り合うオンラインの会合です。阪神・淡路大震災を経験した神戸市を拠点とする団体として、この大震災で犠牲となられた方々を追悼するとともに、ご遺族や被災された方々に思いを馳せること、さらには未来を担う子どもたちに、共助と語り継ぎの大切さを伝えあう機会として、1月17日に実施しています。

 

3. 大きな課題に、わたしたちはどう向き合う?

1月1日の石川県能登地方の地震の他、国内外で災害が多発しています。同時に、人々の対立・排除・分断といった人為的災害によっても、命・まち・日常が奪われている現実があります。

 

「困った時にはお互い様」、「災害の時には助け合いが大切です」と言われます。しかし、人道支援に携わる人でない限り、普段から「嫌い」「怖い」「関係ない」と思っている相手を、助けることはなかなか難しいものです。私たちは、この「助け合い」の実現には、その土台となるつながりが必要だと考えます。そして、つながるためには、まず相手のことを知ることが、初めの一歩になります。私たちは、コロナ禍でより限定的となってしまった、遠い場所にいる誰かを知り、そして自分やまちのことを伝え合う機会・舞台をつくりたいと思っています。

 

当然、自然の営みや世界の諸問題の大きさを思う時、知ること・伝えることは、とてもとても小さな取り組みです。しかし、私たちはこのような対話の機会が災害の時には助け合い、不要なはずの人為的災害を未然に防ぐことにつながっていくと、真剣に思っています。

 

4. 5か国8校の子どもたちは、どんな発表をしたのか?

今年のMy Hometownアジア子ども会合への参加校は、5か国8校でした。いずれも、洪水、台風、地震や津波の被災を経験したことのあるまちでSEEDS Asiaとご縁をいただいた学校です。

学校名(所在地)

※下線のある学校は発表内容を動画で公開中

日本

鳥羽市立鳥羽小学校(三重県鳥羽市)

豊岡市立新田小学校(兵庫県豊岡市)

長野市立長沼小学校(長野県長野市)

南あわじ市立福良小学校(兵庫県南あわじ市)

インド

 聖アトゥラナンド校(バラナシ市)

バングラデシュ

モデルアカデミー(北ダッカ市)

フィリピン

イナバンガ北中央小学校(第7地方 ボホール島)

ミャンマー/タイ

子ども育成校(CDC)校(タイ メーソット) 

 

冒頭の挨拶では、SEEDS Asiaのテクニカルアドバイザーである、岸田蘭子先生(滋賀大学教育学研究科 特任教授)より、「全ての国・まちの子どもたちにとって、様々なリスクに晒された複雑な社会を生き抜いていくための良いつながりのきっかけとなれば、と思っています。今、私たちは、新たな可能性を見いだす挑戦をしていくことを求められています。国際社会において、平和で安全な世界を作っていくという大きな目標に向かって、皆が相手を尊重しつつ力を合わせていくことはとても大切なことだと思います。お互いのまちのことを知り、相手の暮らしを想像し、命を守るために協力し合えることを考えることは、貴重な機会です。今日だけのことでなく、これからも仲間としてお互いのどの町のことも大切に思って友情が続いていくことを願います。」というメッセージをいただきました。

 

各校からの発表では、過去の災害の体験を踏まえた備えの在り方、防災訓練の様子、環境問題など、まちの課題とその対応について話をしてくれました。同時に、まちの守りたい文化や歴史、美味しい食べ物等、まちの素敵なところも紹介し合いました。ミャンマーの子どもたちは自然災害ではなく、国の政治的な理由(人為的災害)で、大好きだったふるさとを離れなければならなくなった経緯と、学ぶことの渇望、未来への希望を共有してくれました。

 

その様子は、事前に公開をご了承いただいた学校のみ、YouTubeでご覧いただくことができます(上記の学校リストにリンクを貼っています)。是非、子どもたちのMy Hometownへの誇りを感じていただければ幸いです。

 

5. 質問タイム:気になる、あんなこと・こんなこと

各校の発表のあとは、質疑応答でした。

事前にそれぞれの学校で事前に話し合い、「質問したいこと」として共有いただいていた内容は、全部で14個ありました。まず、制服やカバン、給食や食べ物、運動会など、身近な学校生活の質問からスタートしました。ただ、8校が順々に答えていくには3つの質問で時間オーバーとなってしまい、予定していた以下の質問には時間の都合上、その場で話し合うことができませんでした。

  1. みなさんの学校では、災害のことを受けついだり、伝えたりするためにどのような取り組みをされていますか。
  2. 被害にあった地域を、わたしたちはどうやって元気づけられると思いますか
  3. 被害にあって(あったとき)、どんな心構えが大切だと思いますか
  4. 今日のように、他の国やまちのことを学び合うことは、どんな時に役立つと思いますか?

 

どの質問も、じっくりと考えたい・聞きたい内容です。そこで、質問は「終わってからそれぞれの学校で話し合ってもらいましょう!」ということになりました。

 

質疑応答の後は、SEEDS Asia理事の角地スベンドリニ(前外国人特派員協会会長)より、閉会の挨拶がありました。「お互いのことを知ること、そして自分のまちのことを伝えることは、とても貴重で大切なことです。今日みなさんが自分のMy Hometownをとても大切にしている、愛しているということが良く伝わってきました。先日、日本では能登半島で地震がありました。世界でも今いろんなことが起きています。大切なことは、みんなの力で一緒に助け合って困難や危機を乗り越えていく、ということ。どこかで悲しいことがあれば一緒に「Rebuilding My Hometown:マイ ホームタウンを作り直していく」、ということです。私はスリランカで生まれましたが、30年以上東京に住んでいます。生まれ育ったまちと、ずっと過ごしてきた2つの「My Hometown」があると感じています。両方知っているから、両方大切なものになるのです。自分のまちが大切と思う気持ちがあれば、相手の気持ちも想像できるはずです。これからも一緒に、みんなで、大切に思う気持ちをもって欲しい」と伝え、お開きとなりました。

 

6. 参加した子どもたちは、何を思ったのか?

今回、参加した児童一人一人に、オンラインのフォームや紙で、感じたことなどをイベントの目的に沿って10個の質問で尋ねました。まだ全ての収集・集計は終わっていませんが、いくつかの感想を暫定報告としてお伝えします。

 

質問:「同じだ」と思ったことはどのようなことですか?
に対し、

  • 「それぞれ場所は違うけど、災害から学び私たちには何ができるかなどと、考えている思いなどは共通していること。」
  • 「創立150周年や、防災のこと、避難訓練をしていることなどが同じだなと思いました。どの学校も防災に対しての意識が高くて驚きました。」
  • 「みんな自分の地域に来てほしいと思い地域の魅力を発表していたところです。」
  • 「地震について考えていること、そのまちの伝統的な料理があったりすること」
  • 「給食」、「制服」、「カバン」など

といった回答がありました。

 

質問:もっと知りたいことや伝えたいことは何ですか?
については、主なものとして下記の回答がありました。

  • ミャンマーのクーデター
  • フィリピンの地震について
  • 学校の中の様子、通学方法、休み時間や遊び
  • 気候・地形・人口
  • 食べ物・文化
  • どんな行動をして、まちをよくしていくか
  • 地域との交流があるか

 

自分のまちのことだけでなく、他のまちへの興味が喚起されたことが良く分かります。「いつか会って話したい」という声も多くありました。5か国の事情は様々ですが、同じ6年生の子どもたち同士で伝え合うことで、ネット、テレビ、ニュースなどで聞くよりももっと現実がもっと切実に伝わっているように感じました。

 

他に、「今日は他の国と県のことが色々聞けて、いい経験になったし、楽しかったです。小学校生活の最後にあんなにいい事ができて本当に楽しかったです。」という、主催者冥利に尽きるコメントをいただけたこと、そして「どんなに遠くてもこうしてタブレット端末で繋がることができるのは本当にすごいと思った。私は翻訳を見ないと言っている事がわからなかったけど少しでもわかるように英語を学びたい。」という、総合学習はもちろんICTの活用や英語の学習意欲にもつながっていることも見えてきました。

 

7. おわりに

以上、感想を交えながら、第3回My Hometownアジア子ども会合のご報告でした。

本イベントに関し、ご協力・ご準備いただきました先生方、児童の皆様、関係者の皆様に、心より深く感謝を申し上げます。

 

Tags:
2024/01/18