特定非営利活動法人SEEDS Asia

  » what's new »

アジアの災害記録と記憶

15年前の12月26日、スマトラ島沖地震 (2004年) が発生しました。大地震に伴う大津波は国や地域を越える地球規模の大惨事となり、22万人に及ぶ命を奪っていきました。今も私たちに防災教育と早期警報の重要性を強く認識させた災害として、記憶に刻まれています。
次の災害が来ても、助かるはずの命がちゃんと守られるために。SEEDS Asiaはインドネシアの復興の過程で、防災教育を展開し、現地の団体に引き継いできました。今日の日を思い出す全ての方々に安寧が共にありますように。

Tags:
2020/01/16