特定非営利活動法人SEEDS Asia

台風ウルスラ後の調査【フィリピン】

台風29号(ウルスラ)はクリスマス周辺にフィリピンに上陸し、SEEDS Asiaの事業地でもあるセブ島北部にも大きな傷跡を残しました。セブ州ダアンバンタヤン町にはパイロット校であるダアンバンタヤン中央小学校が位置しており、同校の防災管理担当者より被害状況を聞き、台風直後のインタビューを実施しました。この災害により学校防災管理の課題も見えましたが、「事業活動の一環で防災訓練時に提供された備品が役立った」や「学校の木の枝を切ったり重要な書類を事前に持ち出しておいたりなど、被害を減らす対策のアイデアを事前に事業で得ていたので実行した」といったお話も頂きました。被災後の大変な中取材に対応して下さった学校長と学校防災管理担当者にお礼を申し上げます。

Tags:
2020/01/16