特定非営利活動法人SEEDS Asia

地域の若者による防災まち歩き【バングラデシュ】

ダッカでは、漏電やタバコ、台所の火などを原因とした火災が多発し大きな問題となっています。中でも、より災害に脆弱なスラムでは毎年のように火災が発生し、毎回数百の家庭が被害を受けています。SEEDS Asiaは、BRAC大学と協力し、バングラデシュで最大規模のスラムであるコライルスラムと、隣接するモハカリ地域の若者を対象に防災研修を実施しています。今日は、防災まち歩きを通して自分の地域の災害リスクの理解に取り組みました。先行事業で活動した防災コミュニティのリーダーも講師として参加してくれました。

Tags:
2020/03/09